読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れ shiomine

すぐ故障する弱脚だけど、整形外科に通いつつぽくぽく走っています。

ムキーッて思えるうちは伸びしろがあるよね(多分だけど)

いつかは追いつく!(追い越すとは言ってない)

 
 
 
 
 
スポーツクラブから走る時、その走る時間は大体45分位です(色々ありまして)。
 
スポーツクラブ周りのランニングコースは、足に優しいゴム舗装で照明完備のメジャー4キロコースと、私が走っている足に厳しいインターロッキング中心で暗いマイナー6キロコースがあります。両コースは一部車道を挟んで並走しています。
 
私もメジャーコースを走ってみた事があるのですが、私の速度キロ6分くらいだと1周25分位で少し時間が余ってしまいます。かと言って2周すると時間が足りないという悲しい状況…。それでマイナーコースを主に走っています。
 
メジャーコースを走る人は、キャッキャウフフしながら走る人、ダイエットのためかサウナスーツ的な格好で走る人などいろんな人がいるんですが、その中に、いるんですよね。
 
 
ガチランナーさん。
 
 
メインがランなのか、トライアスリートさんのラン練習なのかわかりませんが、格好やフォームから走るのが速いって分かる人、それもまぁまぁな人数がメジャーコースにいます。ガチランナーさんのほとんどが男性でキロ4~3後半分台でかっ飛ばしています。時々4分台で走っている女性もいます。スパーンって走るよね、そういう人達。しかも生足で。
 
そんなランナーさんたちを見ても普段は何とも思わないんですけど、先日私がマイナーコースを走っていた時、それは起こりました。
 
 
キロ5:30で走っていると、並走しているメジャーコースをランパンにタイツを併せた女性のランナーさんが、こちらをチラッと見て、そしていきなりぐいっとスピードを上げました。
 
(…今のなんくさ?)←注)方言で“今の何なのよ?”という意味です。
 
わざわざ車道の向こうを走る私を見てから、スピード上げて抜く意味ある?? 
ジワジワスピードを上げてそのランナーさんは走ります。
私も(ムキーッ)と思ってペースを上げて走りますが、その背中は少しずつ小さくなっていきます。
 
(…今の私では追いつけない…)
 
実力の差は歴然でした。じわじわ離され、その女性ランナーさんはメジャーコースを曲がって見えなくなりました。
 
ぜぇはぁしながらスピードを落として、悲しい気持ちと腹立たしい気持ちを抱きながら残りを走りました。
 
(アレ、どういうつもりだったんかな?  チンタラ走ってんじゃねーよとか思われた?!)
 
色々考えましたがよくわかりませんでした。
女性が走っているのが珍しい(治安があまり良くないので女性ソロで走る人は僅かです)ので見られただけかもしれないし、フォームがおかしいなぁとか思われたのかもしれません。
 
でも。
 
追い抜かれた時、私は(ムキーッ)って思った。悔しかったんですよ、腹立たしかったんですよ。つまり、
 
別次元のランナーさんだとは思わなかったって事です。
 
オリンピックや箱根駅伝ランナーさん見ても私は(凄いねー)としか思いません。どんなに練習しても私はキロ3分台では走れない、次元の違うところで走ってるランナーさんだから。
 
でも、私を見て追い抜いていった女性ランナーさんを見た時は(悔しい)(腹立たしい)って思った。今は無理でもいつかは追いつけるランナーさんだと思ったんですよ。キロ5前後だもん、私があきらめなければいつかは届きそうな速さだったもん。
 
…練習しよう。
ムキーッってならないくらいには練習しよう。
 
そして。
いつかは追いつく!(追い越すとは言ってない)
 

f:id:shiomine:20160405001342j:image
今はまだこんなんだけど、近いうちには、きっと…。 
 
…多分。
 
 
……うん。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
ランキングに参加中。よろしくお願いします。